問題解説
第28回文具検定全国模擬試験に多数のチャレンジありがとうございました。下記に出題しました問題や解答に関する解説を行っています。

コクヨ問題解説
問題正解解説
1「文房具屋さん大賞2019大賞」に輝き、2019年のヒット商品となった「GLOOスティックのり」。紙のカドまでしっかり塗れると人気のポイントは?
のりが四角い形「GLOOスティックのり」は、紙のカドまでしっかり塗れる四角い形のスティックのりです。四角いのりに円形キャップを組み合わせることで、気密性を保っています。本体も、従来の円筒形ではなく四角形になったことで、デスクから転がって落ちにくく、のりを送り出すツマミも握りやすくなりました。

2なめらかな書き心地の太芯シャープペンシル「鉛筆シャープ」シリーズの内、2019年グッドデザイン賞を受賞しシリーズは?

TypeM「TypeMシリーズ」は、鉛筆のようになめらかに書ける「鉛筆シャープシリーズ」から、大人向けの「TypeMシリーズ」が発売されました。丈夫な金属のペン先、滑りにくいラバーグリップのTypeM、低重心で安定して書けるメタルグリップのTypeMxの2タイプ、太さは0.7mm芯、0.9mm芯、1.3mm芯の3種類があります。

3硬い表紙でスリムなポケットサイズのノート「測量野帳」は、2019年で発売何周年を迎えた?

60周年現場のプロフェッショナルに支持されてきた「測量野帳」は、測量・建設の枠を超えて、発掘・観察などのフィールドワークや、社外のモバイルワーク、さらには、旅の記録、日常のメモなど個人のライフシーンまで用途が拡大しています。

4コクヨ社員の100の実例を紹介した本の中で紹介されている実例とは?

整理術書籍「コクヨのシンプル整理術」は、コクヨ社員が生産性を上げるために実践している整理術を100通り紹介。「コンパクトに収めるメソッド」、「検索性にこだわるメソッド」、「モチベーションを上げるメソッド」、「仕事の自由度を上げるメソッド」の4つのカテゴリーに分けて、写真つきで片付けのコツを掲載しています。

5リングノートなのに、書くときリングに手が当たっても痛くなりにくい「ソフトリングノート」。その理由とは?
コクヨ独自のやわらかリングだから「ソフトリングノート」は、コクヨ独自のやわらかリングを採用したノートです。ぷにぷにリングだから手に当たっても気になりにくく、リングを気にせずページの端まで書けます。ビジネス向けのBizタイプや、学生向けの「キャンパスソフトリングノート」など、シリーズ展開も豊富にそろっています。

62020年2月の発売前からSNSで大反響だった2トーンカラーマーカー「マークタス」。その特徴としてあてはまらないのはどれ?

おいしそうな香りつき2トーンカラーマーカー「マークタス」は、ノートにまとまり感がでる組み合わせの2色をひとつのペン先に採用したマーキングペンです。カラータイプとグレータイプ、それぞれ5色をラインアップしています。どちらもマーキングをしてもチカチカしにくいインク色で、シャープペンシルの文字でも読みやすくなっています。

7国内で販売している「キャンパスノート」の生産工場はどこにある?

滋賀県「キャンパスノート」シリーズは、発売当時は大阪・八尾市の八尾工場で生産。滋賀では1980年から一部を生産していましたが、2003年に八尾工場と統合したことで、八尾の生産設備を引き継ぎ、現在では日本国内で販売するほぼすべてのキャンパスノート、年間1億冊以上をコクヨ工業滋賀で生産しています。

8ビジネスツールの持ち運びをサポートする「もちはこシリーズ」の内、社外でのモバイルワークや社内フリーアドレスワーカーの持ち運び用ツールペンスタンドの名は?

haco・biz「Ha・cobiz(ハコビズ)」は、立たせる収納で中身が一覧しやすく、机上で省スペースに使えます。スマートフォンも立てかけられ、ペン、電卓、文具などのワークツールをまとめて収容し、持ち運べるので仕事の準備・片付けがしやすくなります。

9ライフログ手帳シリーズ「ジブン手帳」。2020年9月発売の2021年版に登場した1日1ページタイプの新フォーマット、「ジブン手帳DAYsmini」の特長は?

T型タイムライン「ジブン手帳DAYsmini」は、24時間軸を中央に、日付と曜日の横軸を上部に配置した独自の「T型タイムライン」を採用。仕事と家族の予定や、ToDoリストとライフログなど、左右に内容を書き分けられる今までにないデザインです。横軸をもうけることで、1週間の中での位置もわかりやすくなっています。

10書類の量に合わせて背幅が変わるので、いつでもコンパクトに書類を収容できるファイル「ノビータ」は、2020年で発売何周年を迎えた?

10周年「ノビータ」は、書類の量に合わせて背幅が変わるので、書類が少ないときも、多いときも、中身に合わせていつでもぴったりフィットします。大量に書類を入れても、ファイルした書類が丸まらず、表紙がきれいに閉じます。デスクに積み重ねて置いても、崩れません。



戻る