問題解説
第28回文具検定全国模擬試験に多数のチャレンジありがとうございました。下記に出題しました問題や解答に関する解説を行っています。

ダイゴー問題解説
問題正解解説
1手帳などに記載されている六曜。先勝・先負・仏滅・大安・赤口。あと一つは?
友引六曜(ろくよう又は、りくよう)は、暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種をいいます。日本では、暦の中でも有名な暦注の一つで、カレンダーや手帳にも記載されています。

2ダイゴーの人気商品「Handypick(ハンディピック)シリーズ」が発売されたのは?

1978年1978年から発売開始された「Handypick(ハンディピック)シリーズ」。30年以上愛され続けているアイテムです。

3多色印刷を行う時の印刷ズレや製本のズレをなくすために印刷物の周囲についているマーク(線)は?

トンボトンボは、印刷物の天地・左右の中央を示す位置に描かれています。トンボの名は十字形が虫のトンボに似ていることに由来しています。

4製本の重要なポイントとして紙の目を間違わない事があるが、紙の目を判断する方法は?

紙を破る紙は、木の繊維でできていますので、その並び方によって紙の目ができます。紙の目を逆に破ると紙が破れにくく、その切口はギザギザになります。紙の目通りに破くと紙が破れやすくシャープになります。

5働くすべてのひとのパートナーとなるステーショナリーブラント「isshoni.(イッショニ)シリーズ」にないアイテムは?

インデックス付家計簿「isshoni.シリーズ」では仕事をはかどらせるための工夫をこらした商品を展開しています。

6ダイゴーの工場所在地は?

奈良平成3年(1991年)に現在の奈良県生駒郡安堵町大字岡崎268−1に移転しました。

7「isshoni.(イッショニ)」シリーズのノートブックデスクはリモートワークに便利な形状をしている。次のうちどれ?
横型ノート「isshoni.ノートブックデスク」は、リモートワークやオンライン会議などパソコン作業時にパソコンの前に置ける横型の形状をしたノートです。

8用紙にはA版サイズとB版サイズがあり、A版サイズが国際標準規格だが、このA版サイズを提唱したオズワルド氏はどこの国の人?

ドイツ「√長方形」は縦・横比率が「白銀比」と言われる「1:√2」であり、どこまで半分にしても相似型の長方形のことを言います。

9上製本の中身(本文)をくるんだ表紙のノドぎわ部分に、加熱された上下の堅刃によって加圧して溝入れし、表紙と本文中身を圧着させることを何入れという?

銀杏銀杏の葉に似た鉄製のコテで溝を付けていた事からこの名前になりました。銀杏を入れる事により、表紙の開閉がしやすくなります。

10パステルカラーやメタリックカラーのペンの発色の良さを活かすことができる付箋の名前は?

黒付箋「黒付箋」は、パステルカラーやメタリックカラーのペンの発色の良さを活かすことができます。



戻る