問題解説
第27回文具検定全国模擬試験に多数のチャレンジありがとうございました。下記に出題しました問題や解答に関する解説を行っています。

製品U問題解説
問題正解解説
1封筒の貼り方、無いのはどれ?
ヘチマ貼り「カマス貼り」は左右を糊代とする貼り方。「ガゼット貼り」は上部にマチをとり下部にマチが無くなる貼り方。「ダイヤモンド貼り」は菱形の角を中央に折る貼り方です。
2デザイン、製図などに使われる芯ホルダーの芯削り器の名称は?
芯研器芯ホルダーの芯を削る文房具を芯研器、または、研芯器ともいいます。
3宇宙や上向きなどでも書けるボールペンの方式を一般的に何という?
加圧式リフィルに充填した気圧の高いガス等でインクを強制的に押し出すのでインクの逆流がなく宇宙や上向きでも書けます。
4「ナンバリング」とは、何をする文房具?
数字を押印する文具連続した数字を押印できる。伝票などに連番を押印するのに使われています。
5「ホワイトボード」て、何?
消去できるマーカー等で書くボードマーカーの色数も増加し、家庭にも伝言板や絵描き板として普及しています。
6黒鉛筆の硬さ(濃さ)はどうやって決める?
粘土と黒鉛の割合粘土と黒鉛の割合で硬さ(濃さ)が決まります。黒鉛が多いほど軟らかく(濃く)なります。因みにHBは。粘土3、黒鉛7の割合です。
7シヤチハタの浸透印は、インクが印面に適度にしみ出るようあるモノを使って加工しているが、そのあるモノとは?

印字体の素材に使われている特殊耐油性ゴムに、インクが途切れることなく印面にでる無数の穴を作るのに「塩」が使われています。

8多穴式バインダーをMPバインダーともいうが、MPとは何の略?
MultiProngProngは「フォークの股」という意味から、円弧状のクシで左右交互に中身用紙を刺し通す方法のことを呼びます。
9ノート製本の内、無線とじ製本とはどのような製本方式?

接着剤だけを用いて綴じる糸や鉄線などを使用せず、接着剤だけを用いて綴じることを無線とじ製本といいます。JISで定めるノート製本には、ほかに糸とじ製本、金具とじ製本があります。

10一般的に鉛筆はダース、グロスで計算される。1ダースは12本、それでは1グロスは何本?
144本1グロスは、12ダースなので、12×12で144本です。鉛筆の数え方は、基本的にはダースを使用しています。なお、以前はボールペンやマーカー、シャープペンシルもダース単位でしたが、現在では10本単位の10進法を使用しています。但し、輸出向けには筆記具は今でも12進法のダース単位で箱詰めされています。